エアコン工事ガイド

エアコンの取付、取外、エアコンクリーニング、家電の設置工事

rss

















【関東エリア】
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県

【東北エリア】
宮城県 福島県

【東海エリア】
静岡県 愛知県 三重県 岐阜県

【関西エリア】
大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 滋賀県 和歌山県

【北陸・信越エリア】
新潟県 石川県

【中国エリア】
広島県 岡山県

【九州・沖縄エリア】
福岡県 佐賀県 熊本県 宮崎県 大分県 鹿児島県 沖縄県

赤字エリアは基本金額と異なります。

 







 

エアコン取り外し工事

エアコン工事ガイドでは、家庭用ルームエアコン(クーラー)の取り外し工事を承っております。移設して取り付けをお考えの場合やエアコン取り外し後に保管する場合、エアコン取り外して処分される場合などお客様のシーンに合わせた全ての工事に対し対応させていただいております。
エアコン取り外し工事の際には、ポンプダウン方式での作業を基本としていますので安心してご依頼いただけます。工事には、年間400台以上を工事している工事のプロがお伺いいたします。
厳選された施工業者がお客様からのご依頼をお待ちしております。

エアコン取り付け工事

エアコン工事ガイドでは、エアコン(クーラー)の取り付け工事を承っております。
中古、移設などのエアコンの取り付け工事を低料金と高い技術で工事を行います。工事スタッフは定期研修を終えたスタッフで、技術はもちろんの事、サービスマンとしても厳選されたプロスタッフが取り付けなどのアドバイスをさせていただきまして、お客様のご希望に添いながら一番工事を行っています。
取り付け工事の際には、真空ポンプを使用しての工事を基本としていますので、ご安心いただけます。
インターネットや家電量販店で購入されたエアコンの取り付けもお任せください。配管など部材がセットになった〔安心⑤点セット〕が標準セットでご提供しております。
●工事保証も安心1年無料






エアコン工事ガイド|HOME|»  室内用 化粧カバー

室内用 化粧カバー工事ガイド

室内用 化粧カバーの取り付けガイド


室内用 化粧カバー仕上げ

エアコンを取り付けるにあたり、冷媒管、連絡電線、ドレンホース及び付加機能に必要なホース類が室内側、室外側共に露出します。従来は化粧テープでそれらの配線類をひとまとめにして仕上げますが、オプションで樹脂製のカバーを用いて仕上げることも出来ます。仕上がりの美しさは従来のテープ巻き仕上げと比較しても数段綺麗になります。

室内用 化粧カバーの仕組み

室内化粧カバーは表面カバー部分とそれを固定する為の下地部分の組み合わせで出来ています。室内機本体から配管穴まで下地を取り付けた後、その下地に合わせて冷媒管を曲げ加工し室内機と接続してから最後に表面カバーを取り付けて蓋をします。
その為、エアコン取り付け後に室内化粧カバーを取り付けることはできません。
設置済みのエアコンに改めて室内化粧カバーを取り付けたい場合には、一度エアコン本体を取り外して取り付けし直す必要があります。
室内化粧カバーをご検討の場合は、エアコンを取り付けする時と同時に施工されることをお勧めいたします。
パーツの種類も必ず使用するヘッドや直管(ストレート)以外に、90°(曲げパーツ)、45°(曲げパーツ)、出角(面替えパーツ)、入角(面替えパーツ)、ツイスト、フリーコーナー
等、色々な種類があり設置するお部屋の状況に合わせて使い分けます。

※ご注意下さい

使用する冷媒管が2ブ4ブ以上、加湿ホース(ダイキン社製うるるとさらら等)を使用するエアコンの場合、サイズの大きい化粧カバーが必要なことがございます。その際には標準セットご料金とは異なりますので予めご了承下さい。

室内化粧カバー取り付け方法

●平面(室内機本体設置面に配管用の穴がある場合)の取り付け

①室内機据付板を設置後、配管穴にヘッド下地を取り付けます。
②室内機と配管穴に高低差がほとんどない場合は、室内機取付け予定箇所の一番端からヘッドまでストレート下地を取り付けます。
室内機と配管穴に高低差がある場合は、45°もしくは90°の曲がりパーツを用いて角度を調整します。その後、ヘッド→曲がりパーツ→室内機間にストレート下地を取り付けます。
③冷媒管をカバー下地に収まるよう曲げ加工し、室内機側の接続部と接続します。
連絡電線、排水ドレンホース(付加機能があるエアコンの場合は、その配線やホース類)を冷媒管にビニールテープで固定しカバー内に収まるようにまとめます。
④冷媒管や連絡電線、ドレンホース類を通した配管穴の隙間にパテ処理を施して隙間を埋めます
⑤表面カバーを取り付けて完成です。

●梁がある場所(室内機本体設置面をカーテンボックス等の梁に設置し、配管穴が奥まった面にある場合)の取り付け

①室内機据付板を設置後、配管穴にヘッド下地を取り付けます。
②配管穴面の壁から梁下面へ面替えをする為、インコーナー(入角)下地を取り付けます。
③梁下面から梁正面へ面替えをする為、アウトコーナー(出角)下地を取り付けます。
④アウトコーナー下地を設置した位置から室内機設置場所に角度を変える為、90°曲がりパーツ下地を取り付けます。
アウトコーナーの真上に室内機が設置される場合、曲がりパーツは使用しません。
⑤各下地間と室内機端までにストレート下地を取り付けます。
⑥冷媒管をカバー下地に収まるよう曲げ加工し、室内機側の接続部と接続します。
連絡電線、排水ドレンホース(付加機能があるエアコンの場合は、その配線やホース類)を冷媒管にビニールテープで固定しカバー内に収まるようにまとめます。
⑦冷媒管や連絡電線、ドレンホース類を通した配管穴の隙間にパテ処理を施して隙間を埋めます
⑧表面カバーを取り付けて完成です。
 
上記設置方法の場合、室内化粧カバー1m標準料金では対応できません。曲がりパーツの必要個数に応じて、室内化粧カバーパーツ料金が加算されますので予めご了承下さい。

●配管穴が室内機本体設置面の側面の壁にある場合の取り付け

この場合の取り付けに関しても、据付板取り付け→カバー下地取り付け→冷媒管接続→表面カバー取り付けの工程に変化はありません。
しかし、配管穴の位置等によってツイストと呼ばれる曲がりパーツを使用したり、フリーコーナーと呼ばれるパーツを使用したりと、お部屋の様式によって幾通りもの取り付け方法が存在します。
また、配管穴の位置によっては室内化粧カバーが取り付けられない場合もございますので、他で紹介させていただいた様な取り付け工程の記載を割愛させていただきます。
ご料金に関しましても使用するパーツの個数等により変動いたしますので、現地確認の上でのご料金案内となります。
予めご了承いただけますようよろしくお願い致します。

●下穴(配管穴が床近くにある場合)の取り付け

この場合の取り付けに関しても、据付板取り付け→カバー下地取り付け→冷媒管接続→表面カバー取り付けの工程に変化はありません。
しかし、配管穴が床近くにある為、ストレートの必要長さが1mでは足りず延長ご料金が必要となります。
また、配管穴の位置によっては曲がりパーツの種類や必要個数が異なり、場合によっては室内化粧カバーが取り付けできないこともある為、他で紹介させていただいた様な取り付け工程の記載を割愛させていただきます。
予めご了承いただけますようよろしくお願い致します。
※上記で紹介させていただいた取り付け方法は、あくまで当社が取り付けさせていただく際の工程となっており、全ての作業が上記の通りであることを保証するものではありません。
また、ご覧いただいた方がより解り易くなるよう、部材の表現方法や細かい作業工程(ビス打ち、水平、下地取り付け位置の決定等)において割愛させていただいている箇所もございます。
使用部材の名称や表現、作業工程などは各施工業者様で異なるかと思われますので、他社様と異なる部分がございましてもご容赦いただけますよう何卒お願いいたします。